リスティング広告の利点

■表示広告クリック課金システム■

広告料金は、広告スペースに表示されるだけでは一切発生しません。検索ユーザーが広告をクリックし、広告主様のWebサイトに訪れた時点で料金が発生する仕組みになっています。
「広告表示回数」「クリック数」「クリック率」などのデータがカウントされます。

■見込み顧客を効率的に獲得できる■

検索ユーザーは、「自分が関心のあることを検索したい」という能動的な行動を伴ってアクセスしてきます。Webサイトに訪れたユーザーは、商品やサービスに高い関心がある 良質な見込み顧客であると考えられ、そうしたユーザーを効率的に獲得できることが、最大の利点です。            

■広告予算を自由に設定可能■

リスティング広告は、一日のクリック料金の上限を設定することが可能です。クリックが予算として設定した料金に達した時点で、広告掲載が自動的に止まるようにあらかじめ設定することができるので、広告予算の超過を防ぎます。

■検索トップページでの広告表示が可能■

SEO対策に高額の予算を支払ってトップページ表示を依頼したが、表示されるまで期間がかかる、また何か月経っても結局達成されなかったと言うことがよくあります。しかし、リスティング広告の場合にはトップページ表示を即日に実現させることがほぼ確実に可能です。即効性のあるリスティング広告の方が有利です。

■広告タイトルや広告説明文は、いつでも変更修正が可能■

バナー広告や多くのネット広告は、一度出稿したら広告内容をすぐには変更できないことがあります。自然検索の結果も同様で、検索結果に表示されるテキストなどを、すぐに変更表示させることは不可能です。しかし、リスティング広告では、変更が随時可能ですし、変更後の表示もすぐに反映されます。ユーザーの反応を観察しながら、常により効果の高い広告文に変更することが容易に行えます。

■検索エンジン対策(SEO)より確実■

検索エンジンへの対策(SEO)は、技術の高度化やアルゴリズム変更の頻度増加など、年々その対応が難しくなってきています。一方、リスティング広告は SEM(Search Engine Marketing)と呼ばれ、インターネットでのマーケティング手法として主流になってきています。

Yahoo!JAPANやGoogleで検索すると、画面上位表示が広告で占めています。SEO対策で最上位の位置を獲得したとしても、上部と右側の広告に囲まれてしまいます。
リスティング広告を活用し、自社のWebサイトへの訪問者数を増やして売上アップにつなげましょう。